2011-12-05

キューブ、エンジン不調・・・

キューブのエンジン不調で入庫です。
(平成15年式・BZ11・78000km走行)

症状は、走行時加速不良・もたつき・アイドリング が安定しないという事です。

話を聞いて、イグニッションコイル不良かな?と思い
エンジン回転を上げてみると、スムーズに吹き上がります。
どうやら、他の箇所に原因があるようです。

代車をお出しして、預かる事にしました。

他の仕事が一段落したので、症状確認のため試運転に出かけましたが、
全く症状が出ません・・・。

まいったなぁ~ と思いながら運転していると、ドシンとエンジンが振動し
それを合図にドッドッドと息ついたり、加速不良になったり、
アイドリングも不安定になりました。

早速工場へ戻り、まずは診断機にかけて見ましたが、
異常コードは入力されていません (-_-;)

このエンジンは電子制御スロットルを使っているので、
この辺りを疑い、スロットルチャンバーの確認をしました。



カーボンで真っ黒です。この汚れをきれいに落とし



スロットルの初期設定を行い、直っている期待を胸にいざ試運転に!

快調です!!ヨシ終了と思い、工場へ戻る途中、
ドシン! と体に伝わる振動が・・・・・。

またまた加速不良や、急に回転が上がったりと
振り出しに戻ってしまいました。完全暖気後に出るトラブルのようです。

これだけ症状が出ているのに、エンジンチェックランプは点灯しません。

スロットルチャンバー不良なのでしょうか?
よくこの部品がダメになるという話は耳にしますが、
特定できないと交換は出来ません!

整備マニュアルを見ながら、もう一度情報を整理して
修理に取り組む事に・・・。

もう一度故障診断かけても、異常なし・・・。

プラグの状態を確認してみると、
汚れが酷く、空燃費に異常があるのではと思い、
O2センサーの点検を始めました。



電圧の確認をしてみると



バッテリ電圧がきており、配線関係に異常はないようです。

自己診断モードを、O2センサーモニターに設定し、



空燃費を確認します。



マニュアルどおり、エンジン回転数を2000rpmに保持して
警告灯の点滅回数を確認してみると、



10秒間で5回以上点滅しなくてはならない所、
全く点滅しません!
フィードバック制御が働かず、空燃費が濃くなり、
調子が悪くなっているようです。

不具合が出る前は、しっかりと5回以上点滅していました。



O2センサーを交換し、



試運転で不具合が出ない事を確認して、
作業終了です \(^o^)/

完全暖気後も調子よくなりました!!

0 コメント:

コメントを投稿